PR

3Dプリント植木鉢[bachi]は、植物栽培の解決の悩みから快適な植物生活へ!

「植物の育成に最適な植木鉢」

根腐れ、どうにか出来ないかな?

3Dプリント植木鉢[bachi]は、通気性・排水性抜群で理想のガーデニングライフが出来ます

根腐れや水やりをコントロールで悩んでいるあなた。本当に3Dプリント植木鉢[bachi]を使えば理想のガーデニングライフが出来るか気になりますよね。

3Dプリント植木鉢[bachi]は、株式会社 デルタ・ソリューションアンドマーケティングが提供する革新的な植木鉢で「 ジャイロポット」は、側面に「ジャイロイド」と呼ばれる立体的なメッシュ構造を採用している植木鉢です。

3Dプリント植木鉢「Gyropot」

・3Dプリンター技術により製造された革新的な植木鉢「Gyropot」
・ジャイロイドと呼ばれる立体的なメッシュ構造が通気性と排水性を向上させる
・従来の植木鉢にはない機能性とデザインが可能
・底穴が網目状になっており、用土石が不要
・内側にリブを作ることで根の成長を抑える
・初心者から上級者までのガーデナーに適切な植木鉢
・特にアガベ、サボテン、多肉植物、コデックスに適した植木鉢
・シンプルなデザインで植物の美しさを引き立てる
・軽量で扱いやすい
・オンラインストアで購入可能で、今すぐ登録して購入できる

bachiの革新的な「ジャイロポット」植木鉢は、3Dプリンター技術により、従来の植木鉢にはない側面に微細な穴を持つ等の機能性やデザインが可能になり、初心者から上級者までのガーデナーに適しており、根腐れや水やりコントロールの悩みを解決します。オンラインストアで購入可能で、今すぐ登録して購入できますので、ぜひ今すぐ申し込んでみてくださいね。

\詳細はコチラ/

ジャイロポットは3Dプリンターで作られたジャイロイド構造を持ち、通気性と排水性が抜群です。シンプルなデザインで植物の美しさを引き立て、軽量なので扱いやすいです、 特にいま流行りのアガベ、サボテン、多肉植物、コデックス等の快適な植物生活ができます。

3Dプリント植木鉢[bachi]は、何!

根腐れに悩んで初心者いるガーデナーから、水やりをコントロールしたい上級者まで、皆さんにおすすめの商品があります。[bachi]が提供する革新的な植木鉢「ジャイロポット」は、側面に「ジャイロイド」と呼ばれる立体的なメッシュ構造を採用しています。
通気性と排水性に優れ、特にアガベ、サボテン、多肉植物、コデックスとの相性抜群です。

シンプルなデザインで植物本来の美しさを引き立て、3Dプリンターによって実現した独自の構造が魅力です。 ぜひ、自然な通気と排水が得られる土壌環境で、快適な植物生活をお楽しみください。

又、特徴の1つは軽いことです。植木鉢は陶器や厚めのプラスチックで作られていることが多いので、初めて3Dプリント製品を手に取ったお客さんが「軽っ!」と驚く声がよく聞こえてきます。

通気性と排水性が良いこともポイントの1つです。いま流行りのアガベのような、根っこが空気を求める植物には、微細な穴の多い3Dプリント植木鉢が向いています。
底面に穴やスリットが入った植木鉢はよくありますが、側面にも細かな穴が空いた形状は3Dプリントならではの特徴ですね。

今まで作れなかったものが作れるというのは、なにも見た目だけに恩恵があることではなく、機能の追求にも貢献しています。
例えばプラスチックポットは「型に注入して取り出す」ため側面に穴の空いたものを作るのがむちゃくちゃ難しく「プラスチック鉢=通気性がない」は常識として定着しています。それが3Dプリンタを使えば、全体がメッシュになった、どんな素材の鉢よりも通気性の良いスカスカの鉢が作れます。それだけではなく、鉢底穴をメッシュにしたり底上げしたりして鉢底石を不要にしたり、内側にリブを作って根回りを防いだり。多様な機能を持ったプラ鉢がリリースされています。

3Dプリント植木鉢[bachi]は、「ジャイロイド」構造で通気性・排水性抜群の画期的な植木鉢!

ジャイロポットは、側面に「ジャイロイド」と呼ばれる立体的なメッシュ構造を採用しており、通気性と排水性に優れた植木鉢です。この画期的なデザインにより、植物の根腐れリスクを大幅に軽減できました、健康な植物育成をサポートします。

3Dプリント植木鉢[bachi]は、 ジャイロポットがアガベ、サボテン、多肉植物、コデックスと相性抜群な理由!

ジロポットの優れた通気性と排水性は、アガベ、サボテン、多肉植物、コデックスなど、水分の取り扱いが難しい植物に特に準拠しています。
これらの植物は、水はけの良い環境で根腐れを防ぎながら成長するそのため、ジャイロポットの特徴が最大限に活かされます。

3Dプリント植木鉢[bachi]は、3Dプリンター技術が生んだ革新的な植木鉢のデザイン!

ジャイロポットのジャイロイド構造は、3Dプリンター技術によって実現されています。
従来の植木鉢では難しかった知密なデザインが可能になり、通気性と排水性を向上させることができました。

3Dプリント植木鉢[bachi]は、初心者から上級者まで、堅実ガーデナーに支持されるジャイロポットの魅力!

ジャイロポットは、初心者ガーデナーから上級者まで堅固層にサポートされています。
根腐れに悩む初心者には植物の健康維持を助け、上級者には水やりのコントロールを容易にします

3Dプリント植木鉢[bachi]は、 根腐れの悩みを解消する通気性と排水性!

ジャイロポットの通気性と排水性は、根腐れを防ぎ、植物の健康を維持するのに役立ちます。これにより、特に水分管理が難しい植物の栽培でも成功率が向上します。

3Dプリント植木鉢[bachi]は、 シンプルなデザインが植物の美しさを引き立てる!

ジャイロポットのシンプルなデザインは、植物本来の美しさを引き立てる役割を果たします。
派手な装飾ではない模様のため、植物の色や形が立ち際、インテリアとしても素晴らしいアクセントになります。
空間調和しやすいデザイン性が、安定した年齢層のガーデナーに支持される理由のひとつです。

\詳細はコチラ/

3Dプリント植木鉢[bachi]は、 bachiが提案する「最高の植物育成」のための植木鉢「ジャイロポット」!

bachiは、「最高の植物育成」を目指してジャイロポットを開発しました。植物の健康を第一に考えたデザインで、「栽培」にフォーカスした植木鉢として注目を集めています。

3Dプリント植木鉢[bachi]はジャイロポット誕生の経緯と開発者からのメッセージ!

ジャイロポットは、2021年7月から販売されており、開発者は最初から植物の健康を重視した植木鉢作りを目指していました。
開発者からのメッセージによると、ジャイロポットは「栽培」に特化した植木鉢作りを目指しておりましたので、他のお洒落な植木鉢とは一線を画す存在だと語っています。

3Dプリント植木鉢[bachi]は「栽培」にフォーカスしたジャイロポットで快適な植物生活を手に入れよう

ジャイロポットを使用することで、植物の健康を維持しながら、快適な植物生活を楽しむことができます。
通気性と排水性に優れた構造が、初心者から上級者までのガーデナーに幅広く対応される理由です。
ジャイロポットを試して、植物育成の新たな可能性を発見しましょう。

3Dプリント植木鉢[bachi]は、購入はオンラインストアで!

3Dプリント植木鉢[bachi]は、残念ながら限られた店舗での販売ですので、購入はオンラインストアがおすすめです。
買い物カゴから購入してください。

3Dプリントbachiの植木鉢の取り扱い店舗!

Matthews
〒166-0001 東京都杉並区阿佐谷北1-28-9 比嘉ビル102

ハンズ渋谷店
〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町12-18

fleuriste 空桜
〒624-0853 京都府舞鶴市南田辺74-3

たかしまえん
〒822-0032 福岡県直方市下新入1649

Wandering Plant.s
〒066-0037 千歳市新富2丁目1-27 フォレストヒルズ 1階

3Dプリント植木鉢[bachi]は、よくあるご質問!

カートを分けて購入してしまったのですが、送料をまとめることは可能ですか?

申し訳ございません。システム上、別々のカートで購入されたものを1つにまとめることはできません。
こちらでキャンセルの処理をいたしまして、改めてお客さまにまとめて購入いただく必要がございます。
キャンセル処理が必要な際はメッセージなどをお送りください。

ジャイロイドの部分に根や土の微塵などが詰まりませんか?

当方の環境ですとある程度の微塵であればジャイロイドから排出されてしまいますが、微塵の量次第では詰まってしまう可能性はございます。
また根に関しましては詰まる可能性がございます。植え替えの際、特に鉢底に関しては慎重に作業していただくよう、よろしくお願いいたします。
また鉢底にジャイロイドを採用していない鉢のご用意もございます。排水の仕組みもしっかり設けておりますので、そちらもご検討ください。

写真にある鉢は売っていないのですか?

あまり商品数が多くなると管理が難しくなるため、商品に追加していないものもございます。
お問い合わせいただければデータのあるものでしたら在庫に追加することは可能ですので、お問い合わせください。

卸していますか?

可能な限り対応させていただいております。
今後も増やしていきたいと考えいますので、ご興味がございましたら、ご連絡いただけますとありがたいです。

3Dプリント植木鉢[bachi]は、まとめ!

根腐れに悩んで初心者いるガーデナーから、水やりをコントロールしたい上級者まで、皆さんにおすすめの商品です。3Dプリンターによって実現した独自の構造が魅力で、植木鉢は陶器や厚めのプラスチックで作られていることが多いので、初めて3Dプリント製品を手に取って軽さに驚きます、、全体がメッシュになった、どんな素材の鉢よりも通気性の良いスカスカの鉢が作れます。これから主流になるでしょう。